ひびのひびき

ココロにひびくあれこれ

Magical Mystery Tour US 2018 Summer ⑦

アメリカ体験⑦

 

海のように大きな湖!

 

名残惜しいけど、キャンプサイトを離れ、夕陽を見に帰り道の湖まで行きました。

日の入りは後で調べると、20:00くらいだったようなので、夕方の感覚が日本とだいぶ違います。

 

f:id:blueresonant:20180823174854j:image

 海みたい。

 

まだ日が落ちるまでだいぶ時間がありそう。

何時なのかまだ把握しないまま時間を過ごしていました。

 

海のように大きな湖には、砂浜もあり、ビーチタオルを敷いてゆっくりしていました。

 

f:id:blueresonant:20180823201913j:image

 

どう見ても海にしか見えない(笑)

 

でもよく見ると、カエルがいたので、海じゃないよな〜って思ったり。

 

youtu.be

 

水が冷たいのでまたもや入ろうとは思ってなかってけど、美千代ちゃんが気持ちよさそうに泳いでたので、あれ?入ったんだ〜って思って私も入っておこうって思いました。

エリックさんからも、次はいつ来られるか分からないでしょ!って念押しされて。

 

f:id:blueresonant:20180823214934j:image

 

無理せず少しずつ入ってみると、やはり水の中は気持ちよくって、入って良かったと思うのでした。笑

どこに行っても、同じ話しなんですけど。苦笑

 

遊んで瞑想して太陽が沈むのをじっくり見て、本当に美しい時間でした。

 

f:id:blueresonant:20180823202138j:image

 

最初から最後まで豊かな自然を感じさせてもらった週末キャンプになりました。

 

本当に感謝!

 

 

Magical Mystery Tour US 2018 Summer ⑥

アメリカ体験⑥

 

シンクロ体験!

 

f:id:blueresonant:20180822180536j:plain

 座ってみたくなる椅子みたいな大きな木。

 

テント泊から一夜明けて、鳥のさえずりで目が覚めましたが、そのまま気持ちよく二度寝。笑

 

何も決まりなく、それぞれ目が覚めたら起きる感じで4人揃い、近くの川へ沐浴しに行きました。

(川に流しても大丈夫な全身用液体石鹸を持ってきていたので嬉しい!)

 

川は車で数分、その後歩いて更に数分のところにあります。

そして、木の階段を降りる手前に小さな芝生の三角地帯みたいなエリアがあって、森の真ん中なのに、ニワトリが三羽いるんです。

コケコッコーって元気よく挨拶されて、すごく笑えました。

なんでこんなところにいるんだろうか?

 

f:id:blueresonant:20180822175151j:plain

 謎のニワトリさん。もう一羽は写真の枠からはみだしてると思われる。

 

笑いながら川へと向かいました。

川の水はめっちゃ冷たい。

はっきり言って入りたくなかった(笑)

けど、サッパリしたい。

ジレンマに駆られながらも、選択の余地がないように、頭に液体石鹸をかけてしまう事にしました。

 

なんとか洗い終えると、震えながら川から出ました。

でも、スッキリ感が半端ない!

入れて良かった。

 

キャンプサイトに戻り、身も心もさっぱりしてからクリスタルボウルを演奏してみました。

 

いつも、ほとんど屋内でしか演奏しないので、静かな森での演奏は音の広がり方が気持ちよく、自然と一体となった感覚になりました。

木々のざわめきや鳥のさえずりやそよ風。

木漏れ日の下での心地よい時間。

 

みんな瞑想状態です。

 

その後しばらくして、また沐浴した川の側へお散歩しに行きました。

車を止めて、しばらく川へ行く道を歩いていると、私たちの目の前に綺麗な青い斑点のある蝶々が飛んでいるのに気づきました。

 

私たちが行く方向に飛んで、しばらく羽を休めて待ってて、その後また飛び始める。

ちゃんと、道の上を飛んでいて、まるで、道案内してくれてるようだね!と話していました。

どこまで誘導してくれるか、見てみよう!という事で歩いていると、しばらくして森の中へ消えて行きました。

 

あ、ここでお仕事終わりなんだね、って話していて目の前を見ると、朝出会ったニワトリさんたちが、コケコッコーって鳴き始めました。笑

 

うわ〜!すごい!蝶々からニワトリさんへお仕事をバトンタッチしてる!

 

私たちは朝入った川の細い道沿いを歩き始めました。相変わらず誰1人と会わず、私たち4人だけ。貸切状態です。

 

f:id:blueresonant:20180822180444j:plain

 倒木がちょうどベンチみたいで、足も川につけられました!

 

かわいい苔の生えた木や、キラキラした水面を見ながらしばらくお散歩。

 

f:id:blueresonant:20180822175603j:plain

 苔はやっぱり癒される。

 

途中、休憩ポイントみたいな場所もあり、瞑想したり、おやつを食べたり、本当に気持ちの良いところだなぁ、としみじみ思ってました。

 

そして小さな羽を見つけたり、川から綺麗な羽が流れてきたり、なんかメッセージを少しずつ受け取ってるような感じでした。

 

f:id:blueresonant:20180822180209j:plain

かわいい羽根。美千代ちゃんが撮影。

 

だいぶゆっくりしたので、車を停めた場所へと戻ることに。

 

一本道かと思ったけど、道が分かれていたりして、よく分かんないな〜と思いながら歩いていると、遠くからコケコッコー!って鳴き声が聞こえてきました。

もちろん、ニワトリさんたちの声の方へ戻りました。

 

木の階段を登ると、これからカヤックをするという人に遭遇。

その人も、ニワトリが何でいるのか笑ってました。

そして、例の三角地帯に彼らはいなくて、エリックさんの車の真下にいたのです。笑

 

すごすぎる。

そして笑える。

 

ニワトリさんたちにお礼を言って、キャンプサイトに戻りました。

 

芝生の上にマットを敷いて枕を置いて、快適な寝転びスペースをつくり、じーっと木々と空を見上げてました。

すると、おや?木々がゆっくり揺れている?!というか、時間がスローモーションになってるではありませんかっ!

 

身を任せそのまま仰向けで至福状態を味わいました。

 

次回は「海のように大きな湖」です。

 

Magical Mystery Tour US 2018 Summer ⑤

アメリカ体験⑤

週末キャンプ体験!

 

エリックさんは、いつも『新しい体験をしてください』とおっしゃいます。

 

2年前、マウイ島でのリトリートにスタッフとして呼んでいただいた時もそうでした。

 

マウイの空港でお出迎えされ、目の前の景色だけで気持ちが和らぎました。

車に乗り込むなり、エリックさんが『海に入ってください』と言いました。

え?今から?日中ではあるけど、まだホテルにも行ってないし。笑

 

その時は2月で真冬の日本から来た私は、仕事で来てるし、まさか海に入ることなどないんだろうな、と思ってたんです。

 

海に到着、着替える場所は車の中。

冷たそうなので海へ恐る恐る入りました。

最初は冷たく感じていたけど思い切って頭までざふーんと入ってみると、一瞬にして大きな海のうねりが色んなエネルギーを洗い流してくれました。あの体験は本当にびっくり。

 

前置きが長くなりましたが、今回は美千代ちゃんが「テントで寝たことがない」と言ったことがきっかけでした。

エリックさんはそれを聞いて『キャンプへ行きましょう!』と急に言いだしました。笑

 

アメリカのキャンプは私も初体験なので、とってもワクワクしてました。

 

前回のブログでお話しした、美千代ちゃんのフラワーエッセンスのワークショップの次の日がキャンプへ行く日になっていたので、自然へどんどん帰る体験になっていたんだな〜と思いました。

 

全体的なスケジュールを後から眺めてみると、段階を踏んで身体をほぐし、エネルギーを浄化していってたんだと思いました。

 

キャンプ場はミシガン州のWhite Wholeという場所でした。

シカゴから3.5時間くらいのところです。

 

細かいスケジュールは一切知らされず、エリックさんと彼女のケイティさんが、私たちをホワイトホールへと案内してくれました。 

電気もガスも水道もないので、テントや食料など全て持ち込んで行きました。

 

キャンプ場へ行く前に、ラズベリーピッキングカヤックの体験をしました。

 

f:id:blueresonant:20180816134003j:image

ラズベリーを手に取り満面の笑み(笑)

 

静かで美しい自然に囲まれ、それだけでもお腹いっぱいな体験になりました。

 

f:id:blueresonant:20180816134042j:image

 初のカヤックで緊張気味。後半写真を撮る余裕が出た!

 

日が沈むまでにテントを張らないとなので、場所探し。

 

f:id:blueresonant:20180816163704j:image

 泊まったキャンプエリアから少しお散歩。携帯電話はもちろん圏外!

 

キャンプ場といっても、日本とスケールが大違いです。

管理者もいなく、時々小さな表示があるだけで、ルールを守って自己責任でお好きにどうぞ、みたいな場所です。

 

車で森の奥までずーっと走ると、ところどころにひらけた場所があり、気に入った場所にテントを張れるようになってます。

もちろん直火で火も起こせます。

 

木々は常緑樹や針葉樹、いろいろな種類の松を見ました。日本のと違って柔らかくてかわいい。

大きな木々たちに、わたしはうっとりしてました。

そして終わりが分からない広大な森。

 

車でゆっくり森の道を走り、どこにしようかと眺めていると、一本の木がキラキラ光って見えました。

 

f:id:blueresonant:20180816164034j:image

 キラキラしていた木の上部。

 

「あっ!あそこがいい!!」と私は思い、そこに入ってもらいました。

 

奥に入って行くと、円形状の大きなエリアがあり、芝生もあり、使われてない薪も残されていました。

 

みんなで、ここがいいね〜!って言って早速テントの準備。

広げるだけで作れる簡単テントなので、すぐに準備完了。

 

f:id:blueresonant:20180816164449j:image

遠めからみたところ。広すぎて全体が写せない。

ちなみに奥は森で道もない。

 

あとは、待望のキャンプファイヤーの準備。

神聖な火の儀式のように、丁寧に小枝から薪を組み立てました。

 

エリックさんは、ボーイスカウトに昔所属していたそうなので、火の起こし方をよく分かってらっしゃいました。

雪があってもすぐに火を起こせる方法を教えてもらいました。

こうして、自然と色んなことを教えてもらえて本当に嬉しい。

 

簡単に火が付き、これであとはBBQの準備です。

タレはジャパニーズスタイル。

私の手作り焼肉のたれ♪

そしてケイティさんが慣れた手つきでテキパキ準備してくれました。

 

f:id:blueresonant:20180816134229j:image

自家製焼き肉のたれに付け込んだ鶏肉やお野菜をホイル焼き。

 

言うまでもなくいただいたものは全部美味しかった!

 

日が沈んでゆき、辺りが暗くなってくると月明かりとキャンプファイヤーの火だけが唯一の灯り。

 

f:id:blueresonant:20180816134307j:image

 炎を見てると時間の感覚がなくなる。

 

エリックさんがギターを弾き、みんなで歌って踊って楽しい時間が過ぎました♪

最後にインドのマントラを唱えて終了。

 

f:id:blueresonant:20180816164613j:image

 満月から1日たった夜でした♡

 

テントで就寝。

優しい風が木々を揺らし、気持ちのよい音が聞こえてきます。

静かな夜でした。

途中、フクロウが「ホゥーホゥー」と鳴き、生でフクロウの声を始めて聞いたんですが、フクロウの声は森中に響き渡りとても大きな声でした。笑

面白かったな〜。

 

次回のブログはキャンプ2日目、シンクロニシティ体験です。

 

Magical Mystery Tour US 2018 Summer ④

アメリカ体験談④

”Returning to Nature” 自然へどんどん帰る体験です。

 

子供の頃、夏休みといえば、父の実家がある宮城県に毎年1ヶ月ほど滞在してました。

 

おばあちゃんの家の畑でもぎたてのトウモロコシやトマトやキュウリなどをたくさん食べて、桑畑のある崖をよじ登ったり、歩いてすぐの海で気がすむまで遊んでました。

 

大人になるとなかなかそうはいかないけど、今回のアメリカでは、短期間で濃厚な「シカゴ&ミシガン自然学校」みたいな週末を過ごしました。

 

まずは、アメリカ体験談①の写真でもご紹介させていただいた美千代ちゃんのフラワーエッセンスのワークショップです。

 

f:id:blueresonant:20180813192917j:image

美千代ちゃん♪ @ エリックさん自宅前の小学校

 

エリックさんの家の前に小学校があって、大きなお庭に沢山の植物が生えてます。キャンプファイヤーやBBQができるスペースが市民に開放されていて、更にブラックベリーラズベリーの実がなってるのも自由に食べていいんです。

とっても素敵な場所ですよね!

 

f:id:blueresonant:20180813192952j:image  

 ブラックベリー@小学校のお庭

 

美千代ちゃんのワークショップはこのお庭で開催することになりました。

 

家の目の前なのに気分はピクニック♪

 

f:id:blueresonant:20180813194629j:image

 お庭を散策中。とってもかわいいお花たち。

 

誘導瞑想をしてもらって、自分が植物になった気持ちになります。

 

その後、お庭を散策して自分と繋がりのある植物を探しに行きます。

 

f:id:blueresonant:20180813193644j:image

 天国みたいに見える。

 

私は、可愛らしいお花をいくつか見つけ、大きな木の下で足が止まりました。

 

f:id:blueresonant:20180813193748j:image

 この木何の木気になる木

 

この木がとっても好きになったんですが、まさか切り倒すわけにもいかず(笑)ずっと上を見上げてると、なんと!ひらひらと目の前に葉っぱが一枚落ちて来てくれました。

 

思わず美千代ちゃんに報告して感動の抱擁をしておりました。(笑)

 

f:id:blueresonant:20180813193950j:image

 可愛くてうっとり

 

探しているときりがないくらい沢山のお花や葉っぱがあって、何時間も過ごせそうな感じでした。

 

その後、一人一人お花をガラスボウルに入れる儀式をしました。

 

とても神聖な時間でした。

 

f:id:blueresonant:20180813193437j:image

 お花をガラスボウルに入れているところ。

 

全員分を入れ終えると、その後はお花の波動を水に転写するお時間です。

 

お花のエネルギーを活性化するためにお花の周りを踊ったり、歌ったり、クリスタルボウルを鳴らしたりしました。

 

素足で芝生の上を歩き、とっても自由な気持ちでした。

 

f:id:blueresonant:20180813195454j:image

 お花の周りで踊っているわたし。

 

フラワーエッセンスってこんなに楽しく作るんだ〜♪って思いました。

 

その時その場所で集まった人たちと、植物たちのコラボレーション。

 

f:id:blueresonant:20180813200455j:image

 今回のエッセンスにご協力してくれた植物たち。

 

自然の恵みをいただき、みんなの喜びと楽しいエネルギーで出来上がったエッセンスを飲んだりオーラにスプレーしてみると、確かに分かる!キラキラしてて、エネルギーが上がる感覚がしました。

 

おもしろーい!

 

次回は更に自然へと向かう週末キャンプでの体験です。

 

 

Magical Mystery Tour US 2018 Summer ③

アメリカ体験談③は身体を動かしてエネルギーがどんどん回る体験です。

①②はこちらから→“ひびのひびき

 

ある夜、エリックさんのサロンで開催された”Dance Celebration” と名付けられていたワークショップに参加しました。

 

エリックさんがリードして音楽に合わせながら気の巡りを良くしていく内容でした。

 

f:id:blueresonant:20180812102918j:image

ヨガ教室などでもスペースを貸しているエリックさんのサロン@DH Reflexology Chicago 

 

やり方としては、手のひらで光の気の玉をイメージしてから手前から奥の方向へスピンさせていきます。慣れてきたら高速回転にしてスシュムナー(身体の真ん中)を浄化してゆきます。

 

とても気持ちよく、身体がエネルギーに満ちあふれるの感じました。

その後は様々な音楽が流れ、自分身体の思うままに動かしてゆきました。

 

途中、床に寝転んで、(子供の頃にやってもらったことあるかと思います)、足を持ってもらって振り回してもらったりしてました。たまたまそんなことになったんですが。笑

 

童心に帰り、思い切り声を出して、いつもと違う筋肉の使い方、違う視点から見る風景でとても新鮮でした。

 

大人になると、なかなかこんなことやらないですよね。純粋に凄い楽しかった。そして、決まり切った身体の使い方から解放されて、もっと自由で柔軟な感覚になりました。

 

自分の家でできませんので、ヨガスタジオとかで誰か私を振り回してくれませんか〜?

 

次回は”Returning to Nature” 自然へどんどん帰る体験を書いてみようと思います。

 

 

Magical Mystery Tour US 2018 Summer ②

さてさて、前回のMagical Mystery Tour US 2018 Summer ①でお話しさせていただいた続きです。

 

セラピーセッションでの衝撃的な体験。

 

私のセッションは心と身体と魂のバランスを目的としています。

「病気でない = 健康な状態」というのではなく、よりよい健康状態になり、深い休息 & 瞑想状態になることで、自分の体が自動的にチューニングしてくれて(ホメオスタシスのバランスを取り戻す)内なる自分自身を感じたり、高次元との出会いがある方もいらっしゃったりします。

 

f:id:blueresonant:20180809171939j:plain

 

五感を活性化するようなクリスタルボウルの響き、パワーストーンエッセンシャルオイルに加え、自律神経のバランスを整える筋膜調整。それによって、潜在意識の扉が開き、その方が自分自身で必要な情報をキャッチしていく流れでセッションが行われます。

 

ですので、私が誘導したりとかせず、その方のぺースで、その日その時に出せる疲れや不要な感情などが解放されてゆきます。

 

 その日お越しいただいたAさんはもともと敏感体質で、霊的なことをキャッチしやすい方だそうです。

 

セッションの後、彼女が驚いて私にいろんな体験を話してくれたんですが、情報量が多すぎだったので、メールに書いて送って下さいと頼んだところ、本当に長い文章で体験を綴ってくれました。

 

うまくまとめられたのか分からないですが、こんな感じの内容です。

 

Aさんのセッション時間:90分

使用したもの:クリスタルボウル、エッセンシャルオイル、コシチャイム、翡翠のホットストーン&ローズクオーツ

トリートメント内容:全身アロマオイルトリートメント、筋膜調整

 

f:id:blueresonant:20180810000309j:image

 セッションルーム@DH Reflexology Chicago

 

まずはクリスタルボウルの響きからスタート。

音が鳴ってすぐに彼女のエネルギー体に変化が起こったそうです。

敏感体質ではあるけど、こんなに強く自分自身のオーラを感じたことがなかったそうです。感覚としては、優しくてシルクのように柔らかかったそうです。

その後、セッションルームに私の先祖のおばあさんが入ってきたそうです。

そして、”Kai”という言葉を連呼していたそうです。なんだろう。Aさんも理由は分からないと言ってました。

そして、”100 years”という言葉も連呼していたそうです。100年間なのか、100年前なのか、これも不明だったそうです。

とにかく、女性で、私の家族であり、私が選んだこの道(人生・Life path)をとても誇りに思って感謝と幸福でいっぱいであると言っていたそうです。

そして、私がヒーリングをする家系の出身で、実践を通じて人を癒し、人や自分自身の癒しをしているとのこと。その癒しのエネルギーは自分から発しているものではないそうな。(これはよく感じていた)

 

Aさんはその後、深い至福と瞑想状態で半覚醒状態になっていたそうですが、ふと意識が戻り上を向くと、私の周りに白い光の輪と金色に輝く光が見えたそうです。

 

そして、いろんな天使や神様が続々と部屋に入ってこられたそうです。(ふと現れるのではなく、ちゃんとドアから入って来たとのこと。笑)

さらに、白い光の輪と黄金の光の輪がAさんと私の二人を包んでその後すぐにセッションルームが宇宙になったそうです。その空間自体が次元上昇したような感覚になり、地球のエネルギー(とAさんは表現している)がAさんと私をつなぎ、お互いの身体を循環していたそうです。その体験をしている最中に、もうどこにいるのか分からず、上か下かもう感覚もなくなっていたそうです。

 

とざっくりこんな体験をされたのでした。

私はセッション中に全く疲れがなかったので、終わった後びっくりしていて、時々そういう体験はあったけど、今回の体験は疲れないというよりものすごく元気になったので、ほんとうにびっくりしたのでした。

 

Aさんを通じてご先祖様や神様や天使たちがいつもサポートをしてくださっていることを知らせていただいた体験だったのかと思いました。 できればこの目でお会いしてみたいですけどね(笑)もっと瞑想しないとと思いました。

 

とにかく、本当にありがたい体験で、自分のやっていることはこのまま続けていけばいいのだと自分を信じることができました。

 

今回の旅では、自分自身の癒しの時間がとれたので、バランスよく時間を使えたと思います。何事もバランスが大切。

 

次回は「自然に帰るのが心地いい~♪」

身体を動かしてエネルギーがどんどん回る体験を書いてみようかと思います。

 

 

 

 

 

Magical Mystery Tour US 2018 Summer ①

8/6の夜遅くにアメリカから日本へ戻ってきました。

 

暑い暑い暑い~!と連日アラートが入っていたので、身構えて帰ってきました。笑

しかし、ちょうどついた日から涼しくなったようで、拍子抜けな感じも。

 

その代わり台風が来ていたんですが、思ったほど激しい感じでなく、もう青空も見えてきて東京は静かになったようです。

 

さて、今回のアメリカ出張ですが、約3週間、エリックさんの鎮座するシカゴを拠点としてあちこち移動しておりました。

シカゴは日中でも26~30℃くらいで空気もカラッとしていますが、日差しは日本より強い感じがして直射日光に当たると肌がぴりぴりします。しかし、日本よりとても過ごしやすかったです。

 

f:id:blueresonant:20180809134120j:image

 さすがアメリカ!キャンピングカー+バイク+ヘリコプター!何をするんだろうか?笑

 

今回でシカゴは5回目。

毎回なんですが、魂向上のための「短期集中講座」のような怒涛の日々。

そして寝る時間がないので時差ボケを感じることなく過ごしておりました。

 

今回、日本からはいつもエリックさんの「愛と感謝」のプログラムに参加してスタッフもしてくれている美千代ちゃんが一緒に来てくれました。

 

f:id:blueresonant:20180809133410j:image

 Michiyo's flower essence class @Chicago

 

美千代ちゃんをご存知の方は、彼女が類稀なる才能の持ち主だとお分かりいただけるかと思いますが、私は今回、彼女の身体と心と魂の大変化を目の当たりにさせてもらったのでありました。

 

とにかく、素晴らしい大変化を遂げて、サナギから蝶になった!という感じの体験をしていたんではないかと思います。

 

私もありがたく、様々な体験を毎回させていただいておりますが、更に自分自身を深~く深~く信じられるようになったと思います。

 

お客様とのセラピーセッションの中で、衝撃的な体験がありました。

この話はまた次のブログで~。